1分11秒

史上初の南北共同連絡事務所、14日に開所へ

 韓国統一省は、韓国と北朝鮮による史上初の「南北共同連絡事務所」の開所式を、今月14日に行うと発表しました。

 史上初となる「南北共同連絡事務所」は北朝鮮の開城(ケソン)に設置され、今月14日の開所式の後、すぐに業務を始めます。共同連絡事務所には双方の当局者が常駐し、南北間の交渉や連絡、会談協議のほか、民間交流支援などの業務にあたります。所長には、南北から1人ずつ次官級の高官が就任し、週1回、定例の会議を行うということです。

 共同連絡事務所の設置をめぐっては、今年4月の南北首脳会談で合意し、8月中の開所を目指していましたが、非核化をめぐる米朝交渉に悪影響を与えかねないとの懸念などから大幅に遅れていました。

 来週、平壌(ピョンヤン)で開かれる南北首脳会談を前に、韓国と北朝鮮は常時意思疎通できることになります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の国際ニュース

9月18日(火)の国際ニュース

9月17日(月)の国際ニュース

9月16日(日)の国際ニュース

9月15日(土)の国際ニュース

9月14日(金)の国際ニュース

9月13日(木)の国際ニュース

9月12日(水)の国際ニュース

過去のニュース