1分1秒

富田林署逃走から1か月、留置場から先のとがったプラスチック片

 大阪府警・富田林署から容疑者の男が逃げ出してから12日で1か月になります。その後の取材で、留置場から、先のとがったプラスチック片が見つかっていたことが新たにわかりました。

 樋田淳也容疑者の実家がある大阪府松原市内の小学校では、1か月たった今も、警察官が通学路の見守り活動を行っています。

 樋田容疑者は先月12日夜、富田林警察署から逃げ出し、その後、黒い原付バイクを盗み、ひったくりを繰り返したとみられています。

 その後の警察への取材で、留置場に先のとがったプラスチック片が隠されていたことが新たにわかりました。警察は、逃走に使う道具として隠し持っていた可能性があるとみて調べています。

 大阪府警は、容疑者確保につながる有力な情報を提供した人に、OB有志からの私的な懸賞金200万円を支払うことを決めています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 15時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の社会ニュース

9月18日(火)の社会ニュース

9月17日(月)の社会ニュース

9月16日(日)の社会ニュース

9月15日(土)の社会ニュース

9月14日(金)の社会ニュース

9月13日(木)の社会ニュース

9月12日(水)の社会ニュース

過去のニュース