1分3秒

9月に南北首脳会談、平壌で開催へ

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の間で、3回目となる首脳会談が来月中に平壌(ピョンヤン)で開かれることが決まりました。

 「きょうの会談をきっかけとして、北南関係の改善と発展のための議論が革新的に進んでいくと考えます」(北朝鮮 祖国平和統一委員会 李善権〔リ・ソングォン〕委員長)

 板門店(パンムンジョム)では、南北閣僚級会談が13日午前10時から開かれ、首脳会談の開催時期や場所、訪朝団の規模などについて話し合われました。

 今年4月の南北首脳会談の際に出された板門店宣言で「文在寅大統領が秋に平壌を訪問する」とされていた中、訪問時期は「9月中」と決定しました。

 米朝首脳会談から2か月が過ぎ、非核化や朝鮮戦争の終戦に関する協議が膠着(こうちゃく)状態に陥る中、南北首脳会談をきっかけとして、事態の打開を目指すとみられます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月18日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月18日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月18日(土)の国際ニュース

8月17日(金)の国際ニュース

8月16日(木)の国際ニュース

8月15日(水)の国際ニュース

8月14日(火)の国際ニュース

8月13日(月)の国際ニュース

8月12日(日)の国際ニュース

8月11日(土)の国際ニュース

過去のニュース