1分3秒

東京五輪 暑さ対策で実験、水まきで路面温度4度下がる

 2020年東京オリンピックの競歩が行われる皇居外苑で、暑さ対策のため歩道に水をまき路面温度などの変化をみる実験が行われました。

 東京都は13日朝、皇居外苑の内堀通りの歩道に、畑に水をまく農業用のチューブを設置し、路面の温度や気温の変化を調べました。13日は曇り空でしたが、水をまくことで路面の温度が4度程度低く抑えられ、28度となりました。東京都によりますと、晴れた日には、より高い効果が見込めるということです。

 2020年大会で皇居外苑は陸上の競歩の会場となっていて、東京都は実験で効果を検証し、歩道で競技を見る観客の暑さ対策に役立てたいとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月18日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月18日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月18日(土)の社会ニュース

8月17日(金)の社会ニュース

8月16日(木)の社会ニュース

8月15日(水)の社会ニュース

8月14日(火)の社会ニュース

8月13日(月)の社会ニュース

8月12日(日)の社会ニュース

8月11日(土)の社会ニュース

過去のニュース