木更津総合と日大三が初戦突破 夏の甲子園6日目

 夏の甲子園6日目。東千葉代表の木更津総合は、福井代表の敦賀気比と対戦しました。

 6回、3本のヒットで満塁のチャンスを作った木更津総合は、地方大会で打率4割超えの1番・東選手が走者一掃のタイムリースリーベース。さらに1点をもぎ取り、この回、6点を奪います。

投げては今大会からエースナンバー1を背負った先発・野尻投手が、強打者が並ぶ敦賀気比打線を1失点に抑え、投打で上回った木更津総合が2年ぶりに初戦突破です。

 西東京大会を勝ち上がり、5年ぶりに甲子園に帰ってきた日大三高も打線がつながり、先発全員の15安打で16得点。10日は関東勢が揃って2回戦に進出しました。

【試合結果】

 木更津総合(東千葉) 10-1 敦賀気比(福井)

 日大三(西東京) 16-3 折尾愛真(北福岡)

 奈良大付(奈良) 4-1 羽黒(山形)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月17日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月17日 6時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月17日(金)のカルチャーニュース

8月15日(水)のカルチャーニュース

8月14日(火)のカルチャーニュース

8月13日(月)のカルチャーニュース

8月12日(日)のカルチャーニュース

8月11日(土)のカルチャーニュース

8月10日(金)のカルチャーニュース

過去のニュース