0分58秒

逮捕の元看護師、消毒液混入の手口使い分けか

 横浜市の旧・大口病院で患者2人が中毒死した事件で、逮捕された元看護師の女が消毒液を混入する手口を使い分けていた可能性があることが分かりました。

 この事件は、おととし、大口病院に入院していた2人の患者が相次いで中毒死したもので、この病院に勤務していた元看護師の久保木愛弓容疑者(31)が西川惣藏さん(当時88)を殺害した疑いで逮捕されました。

 その後の捜査関係者への取材で、事件当時残っていた未使用の点滴袋の一部から消毒液の成分が検出された一方で、西川さんの点滴袋からは消毒液の成分が検出されていないことが分かりました。西川さんのケースでは注射器などを使って一気に混入された可能性があり、警察は、久保木容疑者が手口を使い分け、消毒液を混入していた可能性があるとみて調べています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月18日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月18日(水)の社会ニュース

7月16日(月)の社会ニュース

7月15日(日)の社会ニュース

7月14日(土)の社会ニュース

7月13日(金)の社会ニュース

7月12日(木)の社会ニュース

7月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース