0分57秒

東日本銀行が不適切融資、業務改善命令へ

 金融庁は東日本銀行に対し、不適切な融資を行っていたとして業務改善命令を出すことが分かりました。

 金融庁が業務改善命令を出すのは、おととし、地方銀行最大手の横浜銀行と経営統合をし、コンコルディア・フィナンシャルグループ傘下にある東日本銀行です。

 関係者によりますと、東日本銀行は取引先から融資に伴う金利とは別に、根拠が不明確な手数料を取ったり、必要以上の金額を貸し付け、その一部を預金させることで金利収入を増やしたりするなど、不適切な融資を行っていたということです。

 不祥事に伴う国内の銀行への行政処分は、2013年に暴力団関係者への融資を放置していた問題で、みずほ銀行に一部業務停止命令が出されて以来で、金融庁は13日午後にも東日本銀行への処分を発表する見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月19日 6時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月19日(木)の経済ニュース

7月17日(火)の経済ニュース

7月16日(月)の経済ニュース

7月13日(金)の経済ニュース

7月12日(木)の経済ニュース

過去のニュース