1分33秒

トランプ大統領が初の訪英、“反対”の声渦巻く中

 アメリカのトランプ大統領は、就任後初めてイギリスを訪れました。一方、各地では、この訪問に反対するデモが行われています。

 トランプ大統領がイギリスを訪問するのは就任後初めてで、13日にはメイ首相との会談で、EU離脱後のイギリスとの同盟関係の強化などについて話し合う予定です。

 「宿泊先からトランプ大統領を乗せたヘリコプターが飛び立ちました。集まった人たち、大きな声と音で抗議の意思を示しています」(記者)

 メイ首相は去年、トランプ氏に国賓としての訪問を打診しましたが、イギリスでは、差別的な言動を繰り返すトランプ氏への反発が根強く、ようやく実現した今回の訪問も、国賓ではなく実務的な訪問となりました。

 「トランプ大統領はアメリカが移民のおかげで発展してきたことを無視して、反移民的な人種差別主義政策を進め、対立をあおっているんです」(デモ参加者)

 トランプ氏はエリザベス女王と面会しますが、世論調査では49%の人がこれに反対していて、13日には国会前でトランプ氏の赤ちゃん姿のバルーンが飛ばされるなど、さまざまな抗議活動が計画されています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月19日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月19日(木)の国際ニュース

7月17日(火)の国際ニュース

7月16日(月)の国際ニュース

7月15日(日)の国際ニュース

7月14日(土)の国際ニュース

7月13日(金)の国際ニュース

7月12日(木)の国際ニュース

過去のニュース