1分9秒

在日コリアン弁護士ら、差別的な懲戒請求受け提訴

 在日コリアンであることを理由に、正当な理由なく大量の懲戒請求を受けたとして、東京の弁護士らが、懲戒請求した人を相手取り慰謝料を求める訴えを起こしました。

 訴えを起こしたのは、東京弁護士会に所属する金竜介弁護士ら2人です。金弁護士によりますと、去年11月から12月にかけて、東京弁護士会に所属する金弁護士ら在日コリアンの弁護士8人と弁護士会の役員だった10人は、およそ950人から「売国行為の早急な是正を求める」などと懲戒請求を受けたということです。

 「(懲戒請求された弁護士は)共通点は、名前から在日コリアンだと推認される、それだけです。業務上のつながりもありません。我々が狙われたのは、ただ単に在日コリアンで弁護士だと」(金竜介弁護士)

 金弁護士らは、「不当に差別的な懲戒請求をした」として、懲戒請求をした数十人を相手取り、慰謝料を求める訴えを起こしました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月19日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月19日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月19日(木)の社会ニュース

7月17日(火)の社会ニュース

7月16日(月)の社会ニュース

7月15日(日)の社会ニュース

7月14日(土)の社会ニュース

7月13日(金)の社会ニュース

7月12日(木)の社会ニュース

過去のニュース