1分12秒

5月の機械受注、2か月ぶりマイナス

 民間企業の設備投資の先行きを示す5月の機械受注額が2か月ぶりのマイナスとなりました。

 内閣府の発表によりますと、5月の主な機械メーカーによる受注額は、変動の大きい船舶と電力からの受注を除いて9079億円となり、前の月に比べて3.7%減となりました。2か月ぶりのマイナスです。

 しかし、内訳で見てみると、製造業では化学機械や電子計算機などの受注が1.3%増え4538億円となり、2008年以来の高水準。非製造業でも鉄道車両や運搬機械などの受注が増えて、0.2%増の4787億円となり、5か月連続でプラスとなっています。

 それでも全体でマイナスになった要因は、4月に造船業で大型の受注があり、その差による反動が出たもので、内閣府も基調判断については、2か月連続で「持ち直している」との表現に据え置いています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月17日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月17日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月16日(月)の経済ニュース

7月13日(金)の経済ニュース

7月12日(木)の経済ニュース

7月11日(水)の経済ニュース

7月10日(火)の経済ニュース

過去のニュース