1分5秒

“定数6増”採決持ち越し、委員長の問責決議案提出で

 参議院の選挙制度を見直す公職選挙法改正案をめぐり、審議を行っている参議院の特別委員会の委員長の問責決議案が10日出され、与党側が目指していた採決は11日に持ち越されました。

 来年の選挙を控え、参議院では一票の格差是正に向けた公選法改正案の審議が行われ、与党側は、10日、議員定数を6増やすことなどを盛り込んだ自民党案の委員会での採決を目指していました。しかし、日本維新の会は、委員長の議事運営を「容認できない」として単独で問責決議案を提出、自民党案の採決は見送られました。

 与党側は、国会で問責決議案の取り扱いを決めたうえで、11日、委員会で自民党案を採決、その後、本会議で可決し、衆議院に送りたい考えですが、野党側の反発も予想されます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月16日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月16日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月16日(月)の政治ニュース

7月15日(日)の政治ニュース

7月14日(土)の政治ニュース

7月13日(金)の政治ニュース

7月12日(木)の政治ニュース

7月11日(水)の政治ニュース

7月10日(火)の政治ニュース

7月9日(月)の政治ニュース

過去のニュース