「非常に強い」台風8号、勢力保ち沖縄・石垣島に最接近

 非常に強い台風8号は、沖縄の先島諸島を暴風域に巻き込みながら、西北西へ進んでいます。台風8号が再接近している石垣市から報告です。

 台風8号が再接近している石垣市は、雨、風ともに非常に強烈です。先島諸島は、10日昼前、暴風域に入り、台風が最接近しているとみられます。

 宮古島市鏡原では、10日午後7時、7月の観測史上最大となる最大瞬間風速45.3メートルを観測しました。市内では、県営住宅の壁が崩れ落ちたり、車のガラスが割れるなど大きな被害が出ています。

 一方、避難所では、空の便が欠航となり、宿泊先を確保できなかった観光客らが、不安な様子で過ごしていました。

 「宿がちょうどきょうの分はなくて、本当はきょう発つはずだったので、それで、ここ(避難所)に来させていただいて。すごいですね。音がすごいので、外に一度買い物に行こうと思ったけど、買い出しのものがなくって、途中で引き返して、ここにまた戻ってきた」(観光客)

 台風は、11日明け方まで、先島諸島を暴風に巻き込む見通しで、警戒が必要です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

7月16日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月16日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月16日(月)の社会ニュース

7月15日(日)の社会ニュース

7月14日(土)の社会ニュース

7月13日(金)の社会ニュース

7月12日(木)の社会ニュース

7月11日(水)の社会ニュース

7月10日(火)の社会ニュース

7月9日(月)の社会ニュース

過去のニュース