1分18秒

お茶の水女子大、トランスジェンダーの学生受け入れ

 お茶の水女子大学が2020年度からトランスジェンダーの学生を受け入れることを決めました。国内の女子大学としては初めてのケースとみられます。

 「多様な女性が、あらゆる分野に参画できる社会の実現につながっていくことを期待しています」(お茶の水女子大学 室伏きみ子 学長)

 東京・文京区のお茶の水女子大学は2020年4月から戸籍上の性別が男性であっても本人が女性だと自覚しているトランスジェンダーの学生を受け入れると発表しました。入試での具体的な確認方法は今後検討するということで、入学後の生活もサポートする方針です。

 「お茶の水女子大はジェンダーの授業とかも多くて、ジェンダーに寛容な考えを持っている人も多くて、私自身はトランスジェンダーの方の入学に賛成」(お茶の水女子大学の学生)

 「大学という公的な機関で始めるのは、良いことだと感じる」(お茶の水女子大学の学生)

 文部科学省によりますと、国内の女子大学でトランスジェンダーの学生の受け入れを決めたのは、初めてのケースとみられます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月16日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月16日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月16日(月)の社会ニュース

7月15日(日)の社会ニュース

7月14日(土)の社会ニュース

7月13日(金)の社会ニュース

7月12日(木)の社会ニュース

7月11日(水)の社会ニュース

7月10日(火)の社会ニュース

7月9日(月)の社会ニュース

過去のニュース