0分33秒

携帯電話からメダルを、東京・霞が関でも回収始まる

 2020年東京オリンピック・パラリンピックで使うおよそ5000個のメダルを、使い終わった携帯電話などから作るプロジェクト。15日から東京・霞が関の官庁街で回収が始まり、鈴木俊一オリンピック担当大臣が自身と家族の携帯電話を提供しました。

 メダルに必要な金属は、金が42キロ、銀が5300キロ、銅が2700キロで、職員などに提供を呼びかけることにしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月21日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月21日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月21日(木)の社会ニュース

6月20日(水)の社会ニュース

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

過去のニュース