1分4秒

米シカゴ市、最高時速240キロの新交通機関導入へ

 アメリカのシカゴ市は14日、空港と市内を時速240キロで結ぶ新たな交通機関を導入すると発表しました。

 新たな交通機関は、電気自動車メーカー「テスラ」や宇宙ベンチャー「スペースX」のイーロン・マスクCEOが率いるベンチャー企業が提案したもので、シカゴ市内の中心部と空港およそ29キロを結ぶ地下空間を、最大16人乗りの自動運転車が、時速240キロで走行するものです。これまで電車で40分程度かかっていたのが、12分まで短縮されるということです。

 「シカゴ市は便利で採算も取れる交通システムを、大規模に実現する機会を与えてくれた」(ボーリング・カンパニー社 イーロン・マスクCEO)

 完成時期やどの程度の費用がかかるかは明らかになっていませんが、シカゴ市は財源に「税金は投入しない」と話しています。

 地元メディアは、運賃について、20ドルから25ドル程度になると予想しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月21日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月21日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月21日(木)の国際ニュース

6月20日(水)の国際ニュース

6月19日(火)の国際ニュース

6月18日(月)の国際ニュース

6月17日(日)の国際ニュース

6月16日(土)の国際ニュース

6月15日(金)の国際ニュース

6月14日(木)の国際ニュース

過去のニュース