0分55秒

台風6号発生、16日に沖縄・奄美接近の見込み

 日本の南で台風6号が発生しました。16日にかけて沖縄・奄美地方に接近する見込みで、多い所では300ミリ前後の大雨が予想されています。

 沖縄や奄美地方では、梅雨前線に湿った空気が流れ込み、すでに雨が強まっています。午前9時に発生した台風6号は、台湾付近にあり、ほとんど停滞しています。15日夜には先島諸島、16日には沖縄・奄美地方に接近する見込みです。この後も、沖縄本島付近には前線による雨雲がかかり続け、16日には台風本体の活発な雨雲がかかるため、大雨が長引く恐れがあります。

 16日昼までに予想される雨量は、沖縄で250ミリ、奄美で150ミリとなっています。沖縄地方ではさらに雨量が増える予想で、土砂災害や低い土地の浸水に警戒が必要です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月21日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月21日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月21日(木)の社会ニュース

6月20日(水)の社会ニュース

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

過去のニュース