1分26秒

山陽新幹線人身事故、国交相がJR西日本に検証を指示

 14日、山陽新幹線で起きた人身事故で、石井国土交通大臣は、事故後の運転士の対応が適切だったか、検証するようJR西日本に指示したことを明らかにしました。

 この事故は、14日午後、山陽新幹線の博多発東京行き「のぞみ176号」が、博多と小倉の間で線路上にいた人と接触したものです。国土交通省などによりますと、運転士は衝突音に気付いたものの、規定で定められている運転指令への報告や列車の停止の手配をしていませんでした。

 「運転士の音に対する判断が適切だったのかどうか。なぜ指令への報告を行わなかったのか等について、しっかり検証するようJR西日本に指示した」(石井啓一国交相)

 石井国交大臣は、15日朝の閣議後の会見で、このように述べ、「検証結果を踏まえて、適切に対応したい」としました。

 また、今回の事故で、警察などは、外部から線路に人が侵入してはねられたとみて調べを進めていますが、現場付近の路上に放置された軽乗用車が見つかっていたことが分かりました。車の中には証明書などが残されていたということで、警察が事故との関連を慎重に捜査しています。

 JR西日本は、15日午後、今回の事故について会見する予定です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月21日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月21日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月21日(木)の社会ニュース

6月20日(水)の社会ニュース

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

過去のニュース