1分18秒

日朝の交渉「新しい段階に」「拉致問題も遅れずに」 河野外相が会談で強調

 北朝鮮情勢が動く中、ソウルを訪れている河野外務大臣は14日朝から、日米韓3か国での外相会談に臨みました。ソウルから報告です。

 河野外務大臣は一連の会談を終えた後、米朝首脳会談を終えて拉致問題をめぐり、日朝の交渉が新しい段階に入ったと強調しました。

 「核とミサイルの観点から言えば、北朝鮮がこの二つの問題を国際社会との間で解決する方向へ一歩踏み出したと言ってよいのではないか。拉致問題もその一歩に遅れずに解決ができるようにしていきたいという観点から、新しいフェーズに入ったと」(河野太郎 外相)

 河野大臣は、14日の日米韓、日米、日韓のすべての外相会談で拉致問題を取り上げています。いずれの会談でも「北朝鮮と拉致問題を含むさまざまな懸案事項を話し合う用意がある」と日本の立場を説明し、支援を要請しました。

 米朝首脳会談を受け、安倍総理は拉致問題解決に向けた日朝の直接対話に強い意欲を示していることから、政府は今後、日朝交渉に向けた動きを本格化させる方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 10時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月18日(月)の政治ニュース

6月17日(日)の政治ニュース

6月16日(土)の政治ニュース

6月15日(金)の政治ニュース

6月14日(木)の政治ニュース

6月13日(水)の政治ニュース

6月12日(火)の政治ニュース

6月11日(月)の政治ニュース

過去のニュース