0分49秒

新幹線先頭部分が大破 人体の一部も、トンネル内で人と接触

 14日午後、山陽新幹線が人と接触し、車両の先頭部分が大きく破損しました。

 先頭車両のボンネット部分が大きく壊れた新幹線。血痕なのでしょうか、車体の一部は赤く染まっています。

 午後2時すぎ、北九州市で鹿児島に向けて走っていた新幹線の運転士が、反対方向を走る東京行き「のぞみ176号」の車両の先端部分が壊れていることに気がつきました。JR西日本によりますと、新幹線は小倉駅と博多駅の間にあるトンネル内で人と接触したとみられ、ボンネットが破損した部分には、人体の一部が残っていたということです。乗客にけがはありませんでした。

 この事故で、山陽新幹線は現在、広島-博多間で運転を見合わせています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 10時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

6月13日(水)の社会ニュース

6月12日(火)の社会ニュース

6月11日(月)の社会ニュース

過去のニュース