1分17秒

自民、参院定数6増の公職選挙法改正案を提出

 自民党は14日、参議院選挙の1票の格差是正などのため、議員定数を6増やす公職選挙法の改正案を提出しました。

 公職選挙法の改正をめぐって与野党は2日目の協議を行い、野党側からは話し合いを続けるよう議長が斡旋すべきだなどの意見が出ましたが、伊達議長は「今後の議論は国会審議で行ってほしい」と述べ、協議は事実上、決裂しました。

 「一体、何のための懇談会だったのか。あまりにも議長らしい中立公正性が損なった場所だったと理解しています」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 参院議員の定数を6増やす自民党の改正案をめぐっては、「鳥取・島根」と「徳島・高知」をそれぞれ1つの選挙区とする「合区」が導入されたことで選挙区から出られない党の候補を救済する色彩が強いなどとして、野党側が反発していました。

 協議が打ち切られたことを受け、自民党は14日夕方、改正案を国会に提出しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月22日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月22日 1時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月22日(金)の政治ニュース

6月20日(水)の政治ニュース

6月19日(火)の政治ニュース

6月18日(月)の政治ニュース

6月17日(日)の政治ニュース

6月16日(土)の政治ニュース

6月15日(金)の政治ニュース

6月14日(木)の政治ニュース

過去のニュース