0分58秒

セブン‐イレブン、国内店舗2万店突破で記念式典

 コンビニ最大手のセブン‐イレブン・ジャパンは、国内の店舗数が2万店を突破したことを記念する式典を開きました。

 式典には、グループの創業者・伊藤雅俊名誉会長や、セブン‐イレブンの生みの親・鈴木敏文名誉顧問も顔をそろえました。

 1号店が東京・豊洲にオープンしたのは1974年。弁当や総菜の販売だけでなく、公共料金の支払いを受け付けるなど、サービスを多様化させながら店舗網を拡大し、43年かけて2万店舗を超えました。

 ただ、コンビニの店舗数はファミリーマートが1万7000店、ローソンは1万4000店に増えた一方で、来店客数は26か月連続で減少するなど、業界の飽和状態が指摘されていて、新たな成長の道筋が摸索されています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月22日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月22日 1時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月22日(金)の経済ニュース

6月20日(水)の経済ニュース

6月19日(火)の経済ニュース

6月18日(月)の経済ニュース

6月17日(日)の経済ニュース

6月15日(金)の経済ニュース

6月14日(木)の経済ニュース

過去のニュース