1分5秒

悪質タックル問題、日大の再発防止策確認する検証委の設置承認

 悪質タックル問題で日大アメフト部が出場資格停止処分となっていることについて、関東学生連盟の理事会は、13日夜、日大の再発防止策などを確認する検証委員会の設置を承認しました。

 関東学生アメフト連盟は、先月末、内田前監督の除名などの処分を発表しました。その際、日大アメフト部については、今年度の出場資格停止処分としましたが、日大アメフト部が再発防止策を策定、実施して組織改革をはかり、関東学連が設置する検証委員会が確認するなどの条件を満たせば解除できるとしていました。

 関東学連は13日夜、都内で理事会を開き、検証委員会の設置を承認しました。メンバーについては未定ですが、弁護士など第三者が入る形で今月中には立ち上げたいとしています。

 今後のリーグの一部日程については、日大を入れて対戦を組んでおくということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 18時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

6月13日(水)の社会ニュース

6月12日(火)の社会ニュース

6月11日(月)の社会ニュース

過去のニュース