中国、北朝鮮への経済制裁緩和を検討すべき

 米朝首脳会談で北朝鮮が改めて非核化への姿勢を見せたことを受け、中国は、早くも経済制裁の緩和を検討するべきだとの姿勢を示し始めています。

 金正恩(キム・ジョンウン)党委員長との会談を終え、北朝鮮の非核化に自信を見せたトランプ大統領。会見では中国についてこんな発言がありました。

 「中国の習近平主席も北朝鮮との国境を本当に閉ざしてくれた。最近は少し緩めていたようだが、かまわない」(トランプ大統領)

 中国が国連安保理の制裁を独自に緩和しているのではという指摘に対し、中国外務省の耿爽報道官は13日の記者会見で、このように答えました。

 「中国は一貫して制裁自体が目的ではないと考えている。各国は現在の外交、対話や半島非核化の努力を支持し協力して共同で半島の政治的解決プロセスを推進すべきだ」(中国外務省・耿爽報道官)

 「制裁自体が目的ではない」と強調した上で、対話に応じ非核化の姿勢を見せる北朝鮮に対し、制裁の緩和を検討すべきとの立場を示したのです。

 中国共産党系の国際紙・環球時報も13日朝の社説で、北朝鮮に対して、「国連安保理決議の通りに行動すれば報われる」ということを示すためにも、今こそが制裁の緩和を検討するタイミングだとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月18日(月)の国際ニュース

6月17日(日)の国際ニュース

6月16日(土)の国際ニュース

6月15日(金)の国際ニュース

6月14日(木)の国際ニュース

6月13日(水)の国際ニュース

6月11日(月)の国際ニュース

過去のニュース