1分24秒

小池都知事、虐待対応協議の会議に出席

 東京・目黒区で5歳の女の子が両親から虐待され亡くなった事件を受け、小池都知事は、児童相談所の職員が虐待への対応などを話し合う会議に出席しました。

 小池知事が出席したのは、都内9つの区と島しょ部を管轄する児童相談所で働く職員らが虐待の案件ごとに具体的な対応方針などを決める「援助方針会議」です。およそ90人の児童福祉司や児童心理司などが集まり、虐待や子どもの非行、障害のある子どもの育成方針など、60件について話し合われました。

 「児童相談所の皆さんは本当に一生懸命、一つ一つのケース、そして仰ってましたけど、子どもは宝だと。大事にしていくために頑張っているのでやりがいはある、というお話も直接伺うことができました」(東京都 小池百合子 知事)

 目黒区でことし3月、5歳の船戸結愛ちゃんが両親に虐待され亡くなった事件では、結愛ちゃんとその家族が香川県から東京都に転居した際に、事態の緊急性についての情報が児童相談所同士で共有できなかった点が指摘されていて、東京都は、自治体の間での情報共有のあり方について対策を強化するよう国に要望しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

6月19日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月19日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

6月13日(水)の社会ニュース

6月12日(火)の社会ニュース

過去のニュース