1分21秒

定数6増の参院選改革案、与野党の議論は平行線

 参議院選の「一票の格差」の是正に向けて、自民党が取りまとめた議員定数を6増やす公職選挙法の改正案について、与野党が参院議長の呼びかけで協議しましたが平行線に終わりました。

 自民党の公選法改正案は参議院議員1人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を2増やし、1票の格差を3倍未満に抑えるほか、比例代表の定数を4増やして政党が事前に定めた順位に従い当選者を決める「拘束名簿式」を一部、導入するものです。

 この改正案は「鳥取・島根」と「徳島・高知」をそれぞれ1つの選挙区とする「合区」が導入されたことで公認を逃した自民党候補の救済を図るのが狙いとみられることから、野党側が強く反発しています。

 このため、伊達参院議長が各党の代表者を集めて調整に乗り出しましたが、野党各党の反対に加えて与党・公明党からも「抜本改革ではない」などの慎重意見が出て、議論は平行線に終わりました。

 自民党はこの国会での法案の成立を目指していますが、各党の理解が得られていないことから先行きは不透明です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月18日(月)の政治ニュース

6月17日(日)の政治ニュース

6月16日(土)の政治ニュース

6月15日(金)の政治ニュース

6月14日(木)の政治ニュース

6月13日(水)の政治ニュース

6月12日(火)の政治ニュース

6月11日(月)の政治ニュース

過去のニュース