0分33秒

ガソリン久々の値下がりも、3年半ぶり高値水準

 資源エネルギー庁が発表した今月11日時点でのレギュラーガソリン、1リットル当たりの小売価格は、前の週と比べ10銭値下がりし、152円となりました。値下がりは2か月半ぶりです。

 主要な産油国が続けている「原油の減産」が緩和されるとの見方が広がったことが要因です。しかし、中東情勢の先行きが不透明なことなどから、依然としてガソリン価格はおよそ3年半ぶりの高値水準が続いています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 10時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月17日(日)の経済ニュース

6月15日(金)の経済ニュース

6月14日(木)の経済ニュース

6月13日(水)の経済ニュース

6月12日(火)の経済ニュース

6月11日(月)の経済ニュース

過去のニュース