1分44秒

米韓軍事演習「取りやめ」に波紋、韓国に衝撃

 トランプ大統領が会談後の会見で、アメリカと韓国の合同軍事演習の中止に言及したことに波紋が広がっています。

 「米韓合同軍事演習を中止する、多額の費用を節約できる」(アメリカ トランプ大統領)

 13日朝の韓国メディアは、米韓合同軍事演習の中止について「衝撃的」「爆弾発言」などと大きく報道。保守系の朝鮮日報は、「非核化の具体的な進展がない状態で、北朝鮮が要求していた訓練の中止という補償だけを与えた」などと論評しました。

 韓国国防省は、トランプ大統領の発言について「正確な意味や意図を把握することが必要だ」とコメントしています。在韓米軍の関係者も、「中止の公式的な指示はまだ来ていない」と話し、内部で波紋が広がっていることを明かしています。

 ロイター通信は、アメリカ国防総省の複数の幹部も演習中止の方針を知らされていなかったと報じていますが、マティス国防長官は「驚くものではない」とのコメントを発表して、大統領から事前に相談を受けていたと強調しています。

 「米韓演習そして、また在韓米軍を含めて、この東アジアの安全保障に重要な役割を持っているものだと思っている」(小野寺五典防衛相)

 一方、小野寺防衛大臣は「米韓の合同軍事演習は東アジアの安全保障に重要な役割を持っている」と強調した上で、非核化に向けた具体的な動きが見えない中で、警戒監視態勢や圧力を続けていく姿勢に変わりはないとの考えを示しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月18日 10時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月18日(月)の国際ニュース

6月17日(日)の国際ニュース

6月16日(土)の国際ニュース

6月15日(金)の国際ニュース

6月14日(木)の国際ニュース

6月13日(水)の国際ニュース

6月12日(火)の国際ニュース

6月11日(月)の国際ニュース

過去のニュース