0分40秒

“クレーンゲーム詐欺”で運営会社社長に有罪判決

 ゲームセンターのクレーンゲームを景品が取れない設定にし、客から代金をだまし取った罪に問われたゲームセンターの運営会社社長に、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決です。

 判決によりますと、大平剛史被告(33)は、大阪・ミナミのゲームセンターで客8人から120万円余りをだまし取りました。大阪地裁は、「客がゲームをやめないよう、高額な景品を次々と上乗せして射幸心を煽り、何度も挑戦させた」などとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月19日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月19日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

6月13日(水)の社会ニュース

6月12日(火)の社会ニュース

過去のニュース