0分59秒

英語の民間試験、国立大学協会が配点2割以上とする活用例

 2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語の民間試験について、国立大学協会は、配点を英語全体の2割以上とする活用例を示しました。

 国立大学協会は、去年11月、2020年度から23年度までの4年間は、従来の「マークシート式」に加え、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を測るため、「民間試験」を課すことを決めています。

 国立大学協会は、12日、都内で行われた総会で、「民間試験」の配点を英語全体の2割以上などとする活用例を示しました。国立大学協会は、「4技能の総合的な評価を重視するという趣旨を踏まえる」としたうえで、具体的な対応については各大学や学部の主体的な判断にゆだねるとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月19日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月19日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

6月13日(水)の社会ニュース

6月12日(火)の社会ニュース

過去のニュース