1分7秒

覚醒剤使用容疑で交通課長逮捕、警視庁「極めて遺憾 厳正に対処」

 警視庁荏原警察署の50歳の交通課長が覚醒剤を使用したとして、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは警視庁荏原警察署の交通課長、渡部康浩容疑者(50)で、先月下旬から11日までに覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

 渡部容疑者は今月8日、署に出勤した際に大量の汗をかいていたうえ、「自分は行動を確認されている」などと話し、挙動が不審だったということから11日、尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たということです。

 取り調べに対し、渡部容疑者は容疑を認めたうえで「今月9日に自宅近くのサウナで注射を使ってやった」と供述しているということで、警視庁は覚醒剤の入手ルートなどを詳しく調べる方針です。

 逮捕を受け、警視庁は「極めて遺憾です。事実関係に基づいて厳正に対処してまいります」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月19日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月19日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月19日(火)の社会ニュース

6月18日(月)の社会ニュース

6月17日(日)の社会ニュース

6月16日(土)の社会ニュース

6月15日(金)の社会ニュース

6月14日(木)の社会ニュース

6月13日(水)の社会ニュース

6月12日(火)の社会ニュース

過去のニュース