1分21秒

将棋・藤井聡太さん 七段に、最年少記録を更新

 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太六段(15)が18日、大阪で行われた対局で勝利し、史上最年少での七段昇段を決めました。

 藤井聡太六段は18日、大阪の関西将棋会館で船江恒平六段(31)との竜王戦に臨みました。藤井六段は今年2月に史上最年少で六段になったばかりですが、これに勝つと、規定により七段昇段となる大一番とあって注目が集まりました。

 対局は昼食後の中盤あたりから藤井六段が徐々にペースをつかみ、およそ11時間の熱戦の末、72手で勝利を収めました。これにより、17歳3か月で七段に昇段した加藤一二三・九段の持つ最年少記録を61年ぶりに更新し、15歳9か月での七段昇段を決めました。

 「ここまで早いペースで昇段できるとは思ってなかったですけど、目の前の一局一局に全力で打ち込んできたのが昇段という形であらわれたということで、嬉しく思います」(藤井聡太 七段)

 七段としての最初の対局は、来月1日に関西将棋会館で行われる棋王戦の予選です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月25日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月25日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月25日(金)の社会ニュース

5月24日(木)の社会ニュース

5月23日(水)の社会ニュース

5月22日(火)の社会ニュース

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

過去のニュース