1分0秒

調布・小型飛行機墜落、管理会社社長に猶予付き有罪判決

 東京・調布市で小型飛行機が墜落した事故で、無許可で航空運送事業をしたとして罪に問われた機体の管理会社の社長に対し、東京地裁立川支部は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

 この事故は2015年7月、小型飛行機が墜落し住宅にいた女性や機長ら3人が死亡するなどしたもので、機体を管理する日本エアロテックと社長の小山純二被告(64)は、無許可で客から運賃を受け取り飛行したとして、航空法違反の罪に問われています。

 18日の判決で、東京地裁立川支部は「航空法の重要な規制に関する調査を怠った。法軽視の姿勢は著しい」として、小山被告に懲役1年・執行猶予3年、法人としての日本エアロテックに罰金150万円を言い渡しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月25日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月25日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月25日(金)の社会ニュース

5月24日(木)の社会ニュース

5月23日(水)の社会ニュース

5月22日(火)の社会ニュース

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

過去のニュース