1分0秒

3月の機械受注3.9%減、3か月ぶりマイナス

 民間企業の設備投資の先行きを示す3月の機械受注は、3か月ぶりにマイナスとなりました。

 内閣府が発表した3月の主な機械メーカーの受注額は、変動の大きい船舶と電力からの受注を除いて前の月より3.9%減少して8566億円となり、3か月ぶりにマイナスとなりました。

 製造業は船舶などの「造船業」で先月の大型案件の反動などで17.5%減って、3か月ぶりにマイナスでした。非製造業は「その他非製造業」でタービンなどの発注が減った一方で、「建設業」でモーターなどの発注が増えたことで2.2%増加し、3か月連続のプラスとなりました。内閣府は、基調判断について「持ち直しの動きがみられる」に据え置いています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の経済ニュース

5月21日(月)の経済ニュース

5月19日(土)の経済ニュース

5月18日(金)の経済ニュース

5月17日(木)の経済ニュース

5月16日(水)の経済ニュース

5月15日(火)の経済ニュース

過去のニュース