訪中の北朝鮮代表団、習近平国家主席と会談

 経済視察のため中国の北京を訪れている北朝鮮高官ら代表団は、16日、習近平国家主席と会談しました。

 国営の新華社通信は、北京を訪れている朝鮮労働党の朴泰成(パク・テソン)副委員長率いる代表団が、16日、人民大会堂で習近平国家主席と会談したと伝えました。会談で習主席は、中国は「南北の関係改善と米朝の対話、半島の非核化の実現を支持する」と述べ、北朝鮮が中止の可能性を示唆している米朝首脳会談が予定通り行われるよう促しました。

 一方、朴副委員長は、今回の訪中の意図について「中国の経済建設と改革開放の経験を学び、中朝友誼を固めるため」と強調しました。

 代表団は、これまでにハイテク企業が集まる北京の中関村や、インフラ投資会社などを視察、滞在中に地方を訪れる可能性もあり、中国が北朝鮮の経済発展をバックアップする姿勢を強めていることが伺えます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 22時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の国際ニュース

5月21日(月)の国際ニュース

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

過去のニュース