1分0秒

世界初 iPS細胞で心臓病治療へ

 iPS細胞を使った世界で初めてとなる心臓病治療の臨床研究が実施されることになりました。

 厚生労働省の専門家部会は16日、大阪大学が申請した心臓病の治療に関する臨床研究を条件付きで承認しました。

 計画ではiPS細胞から心臓の筋肉の細胞シートを作り、重い心臓病の患者3人の心臓に移植するというものです。移植した細胞が心臓の一部となって、心臓の機能が回復することが期待されるということです。

 16日の部会では、患者に術後のフォローアップの状況など分かりやすく説明することなどの条件をつけたうえで承認されました。iPS細胞を使った臨床研究は、これまで目の網膜では行われていますが、心臓病の治療は世界で初めてで、今年度中に実施される見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月21日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月21日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

5月17日(木)の社会ニュース

5月16日(水)の社会ニュース

5月15日(火)の社会ニュース

5月14日(月)の社会ニュース

過去のニュース