0分53秒

米政府、イラン中央銀行総裁らを独自制裁の対象に指定

 アメリカ政府は、イランの中央銀行総裁らをアメリカ独自の制裁の対象に指定したと発表しました。アメリカのイランに対する圧力強化が鮮明になっています。

 アメリカ財務省は15日、レバノンのイスラム教シーア派の民兵組織ヒズボラの活動を支援するため数百万ドルの秘密送金に関わったとして、イラン中央銀行のセイフ総裁らをアメリカ独自の制裁の対象に指定しました。ヒズボラはアメリカ国務省から1997年にテロ組織に指定されていて、シリア内戦ではアサド政権側について戦っています。

 トランプ大統領は先週、イラン核合意からの離脱を表明していて、イランに対する圧力強化を鮮明にしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月21日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月21日 18時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の国際ニュース

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

5月14日(月)の国際ニュース

過去のニュース