0分58秒

サントリー、「白州12年」と「響17年」の販売休止

 サントリーホールディングスが、国産ウイスキーの「白州12年」と「響17年」の販売を休止することが明らかになりました。

 サントリーによりますと、販売を休止するのは、シングルモルトウイスキーの「白州12年」とブレンドウイスキーの「響17年」です。ハイボールの人気などから原酒が大幅に不足しているためで、「白州12年」は在庫がなくなる6月ごろ、「響17年」は9月ごろから販売が休止となる見通しです。需要が拡大する以前の見通しで原酒を生産していたため、この数年の需要の急拡大に生産量が追いつかなかったということです。

 サントリーは原酒の不足解消のため、設備の増強を図っていますが、原酒の製造には時間がかかるほか、品質の確保のためにも「販売再開の時期は未定」だということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の経済ニュース

5月21日(月)の経済ニュース

5月19日(土)の経済ニュース

5月18日(金)の経済ニュース

5月17日(木)の経済ニュース

5月16日(水)の経済ニュース

5月15日(火)の経済ニュース

過去のニュース