1分19秒

メディアで働く女性が団体設立、麻生氏にセクハラ被害者への謝罪要請

 財務省の前事務次官のセクハラ問題を受け、メディアで働く女性たちが団体を立ち上げ、麻生財務大臣に対し、被害者への謝罪や二次被害を与える発言の撤回などを要請しました。

 「テレビ朝日の記者がそのことを告発した。それが多くの報道につながった。でも、セクハラなくそうと世のなか動いていくかと思ったら、ちっともそういうふうにならないっていうことに対し、非常に大きな危機感を持った」(メディアで働く女性ネットワーク 林美子代表世話人)

 設立されたのは「メディアで働く女性ネットワーク」で、15日午前現在、新聞やテレビ、出版、インターネットメディアの31社とフリーランスの合わせて86人の女性が会員として参加しているということです。団体は15日、麻生大臣に対し、被害者への謝罪や二次被害を与える発言の撤回を求めるとともに、麻生大臣自らがセクハラ研修を受けるよう求める要請書を出したということです。また、野田女性活躍大臣に対し、セクハラをなくすための法整備を要望しました。

 団体は今後、相談会などを開き、女性が働きやすい環境を作っていきたいとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月21日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月21日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

5月17日(木)の社会ニュース

5月16日(水)の社会ニュース

5月15日(火)の社会ニュース

5月14日(月)の社会ニュース

過去のニュース