1分23秒

米大使館がエルサレムに移転、抗議行動拡大で60人死亡

 イスラエルのアメリカ大使館が聖地エルサレムに移転したことで抗議行動が広がったガザ地区では、デモ隊が14日から、イスラエルとの境界に押し寄せ、イスラエル側からの発砲などでこれまでに60人が死亡しました。

 死者の中には、催涙ガスを吸ったことが原因とみられる生後8か月の女の赤ちゃんも含まれていました。

 「武器を持たずに抗議していた。 イスラエル兵士は銃撃してきて、銃弾が私の左足から右足に貫通した」(男性)

14歳の少年も「平和的にデモをしていたところ、イスラエル軍に銃撃を受けた」と話します。

 15日は、パレスチナにとって、イスラエル建国で故郷を奪われ多くが難民となった記念日にあたります。パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のベツレヘムなど各地でも朝から抗議行動が起きていて、混乱は続きそうです。

 事態を受けて、国連安保理では、緊急会合が開かれています。

 ガザ地区で多数の死傷者が出ていることについて、河野外務大臣は・・・

 「非常に残念なことだと思っている。関係国にぜひ冷静さを保った対応をしていただきたい」(河野太郎外相)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の国際ニュース

5月21日(月)の国際ニュース

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

過去のニュース