1分37秒

日大アメフト部コーチが質問に返答、関学は17日会見で説明

 日本大学アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則行為をした問題で、日本アメリカンフットボール協会の会長が「ありえないプレー」と指摘し、陳謝しました。

 この問題は今月6日、アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の守備の選手が悪質な反則行為をしたものです。日本アメリカンフットボール協会の国吉誠会長が、スポーツ庁を訪れ、今後の対応を報告した後、取材に応じました。

 「ありえないプレーではないか。心よりその点について、おわびいたします」(日本アメリカンフットボール協会 国吉誠会長)

 国吉会長は反則行為について陳謝するとともに、「学生連盟の規律委員会が調査しており、推移を見守りたい」としています。

 一方、関西学院大学は、負傷した選手について、検査の結果、腰の靱帯を損傷していましたが、「神経そのものの損傷は見当たらない」とし、「痛みの低下に応じて徐々に練習に参加して良い」との医師の診断内容を公表しました。

 関学の関係者によりますと、日大アメフト部のコーチが、15日午後8時過ぎ、兵庫県西宮市の関西学院大学を訪れ、関学側からの質問に返答したということです。関学は、17日、会見で説明することにしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月21日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月21日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

5月17日(木)の社会ニュース

5月16日(水)の社会ニュース

5月15日(火)の社会ニュース

5月14日(月)の社会ニュース

過去のニュース