1分18秒

北朝鮮代表団、北京の農業研究施設に

 中国を訪問している北朝鮮高官の代表団は、15日、北京の農業研究施設を訪れました。米朝首脳会談を前に、中国と北朝鮮がさらに接近しています。

 14日から北京を訪れている北朝鮮の朴泰成(パク・テソン)朝鮮労働党副委員長ら党幹部らによる代表団は、15日朝、宿泊先の釣魚台迎賓館を出発し、農業の研究施設を訪れました。

 「食糧問題解決に重要な意義を持つ大きな成果を出していると聞いています。具体的に話を聞かせてください」(北朝鮮 朴泰成党副委員長)

 北朝鮮の労働新聞は、今回の訪中について「朴党副委員長が率いる『親善参観団』が14日、中国を訪問するために平壌を出発した」と写真付きで報じています。

 中国外務省は15日、会見で、訪中の意図について「中国国内の経済建設や改革開放の成果を視察し、両党の交流を促進することになる」と述べました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の国際ニュース

5月21日(月)の国際ニュース

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

過去のニュース