1分10秒

東京五輪の観戦チケット、価格を幅広く設定へ

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの観戦チケットは、30万円を上回るものから数千円程度のものまで、価格を幅広く設定する方針が確認されました。

 2020年東京大会の観戦チケットについて、大会組織委員会は15日開いた有識者会議で、価格帯を2012年のロンドン大会より幅広く設定する方針を確認しました。

 ロンドン大会で最も高かったのは開会式の2012ポンド、現在のレートではおよそ30万円でした。最も安かったのは陸上やバスケットボールなどの予選で、20ポンド、およそ3000円でした。

 東京大会では、これを上回る高額チケットで収益を確保しつつ、低価格のチケットも用意して子どもや若者が観戦する機会を増やしたいとしています。招致段階の計画では、チケットの販売枚数は1010万枚、820億円の収入を見込んでいます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月21日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月21日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

5月17日(木)の社会ニュース

5月16日(水)の社会ニュース

5月15日(火)の社会ニュース

5月14日(月)の社会ニュース

過去のニュース