0分47秒

高級クラブ元経営者、1億円余脱税の疑いで告発

 東京・六本木で高級クラブを経営していた男が、およそ1億800万円を脱税したとして刑事告発されました。

 東京国税局から告発されたのは、港区六本木のクラブの五十嵐優光・元経営者(53)です。関係者によりますと、五十嵐元経営者は売り上げを一切申告しなかったほか、従業員から源泉徴収した所得税を一部申告せず、2013年からの3年9か月で消費税などおよそ1億800万円を脱税していたということです。

 脱税で得たカネは自身が経営する別の会社の事業資金に充てていたということです。JNNの取材に対し、15日までに五十嵐元経営者からの回答はありません。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月21日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月21日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の社会ニュース

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

5月17日(木)の社会ニュース

5月16日(水)の社会ニュース

5月15日(火)の社会ニュース

5月14日(月)の社会ニュース

過去のニュース