1分0秒

「瀬取り」疑惑、韓国政府「事実はない」と否定

 北朝鮮船籍と韓国船籍のタンカーが洋上での物資の積み替え、いわゆる「瀬取り」をした疑いがある問題で、小野寺防衛大臣は、韓国政府が「瀬取り」を否定したことを明らかにしました。

 「違法な瀬取りの事実はなかったという確認があった旨、韓国政府から日本政府に対して通報がありました」(小野寺五典防衛相)

 今月3日、東シナ海の公海上で北朝鮮船籍のタンカーに韓国船籍のタンカーが横付けしているのを海上自衛隊が発見し、国連安保理の制裁決議違反にあたるいわゆる「瀬取り」をした疑いがあるとして、政府は韓国側に調査を求めていました。

 小野寺防衛大臣は閣議後の会見で、韓国側から「瀬取りの事実はなかった」と連絡があったことを明らかにしたうえで、「総合的に判断し、今回は安保理に報告していない」が、「公海上で接舷するのは普通ではない」と述べました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の政治ニュース

5月21日(月)の政治ニュース

5月20日(日)の政治ニュース

5月19日(土)の政治ニュース

5月18日(金)の政治ニュース

5月17日(木)の政治ニュース

5月16日(水)の政治ニュース

5月15日(火)の政治ニュース

過去のニュース