1分12秒

トランプ政権「ハマスに全責任」

 パレスチナ側に多くの死者が出たことついて、ホワイトハウスの報道官は、ガザを実効支配するパレスチナの組織「ハマス」に責任があると主張しました。

 「我々は本日、ガザ地区で暴力が続いたという報告を承知している。これらのいたましい死の責任は、まさにハマスにある」(ホワイトハウス シャー副報道官)

 ホワイトハウスのシャー副報道官はこのように述べ、「ハマスが意図的にガザでの暴力という反応を引き起こしている」などとし、ガザを実効支配している対イスラエル強硬派のイスラム組織・ハマスに責任があると非難しました。イスラエルのネタニヤフ首相は、「境界を守る義務がある」として銃撃を正当化しています。

 一方、東エルサレムを将来の首都と定めるパレスチナ自治政府のアッバス議長は、イスラエルによる「虐殺だ」と非難し、15日から3日間、喪に服すとともに、ゼネストを呼びかけると明らかにしました。

 パレスチナ自治政府のマンスール国連大使は、安保理の緊急会合を要請、会合は日本時間の15日深夜に開かれる見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の国際ニュース

5月21日(月)の国際ニュース

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

過去のニュース