1分18秒

麻生財務相「個人としてもセクハラ行為を認定」

 麻生財務大臣は、福田前事務次官のセクハラ問題について、「個人としてもセクハラ行為を認定したと考えていただいて差し支えない」との認識を述べました。

 「財務省の所管をしている財務大臣としても個人としてもセクハラ行為を認定したという風に考えていただいて差し支えありません」(麻生太郎財務相)

 麻生財務大臣は閣議の後の会見でこのように述べ、福田前事務次官のセクハラ行為について、「個人としてもセクハラ行為を認定している」との認識を示しました。

 麻生大臣は先週の衆議院の委員会で、福田前事務次官のセクハラ行為について、「本人が否定している以上、個人としてはセクハラを認めていない」との趣旨の発言をしていて、事実上発言を修正した形です。

 また、森友学園への国有地売却をめぐり、財務省と学園側などとの面会や交渉に関する記録が残っていたとされる問題について、麻生大臣は「調査をしていきたい。できるだけ速やかに対応しなければならない」と述べたうえで、「今の段階であるとかないとか言える段階ではない」と述べるにとどめました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月21日(月)の経済ニュース

5月19日(土)の経済ニュース

5月18日(金)の経済ニュース

5月17日(木)の経済ニュース

5月16日(水)の経済ニュース

5月15日(火)の経済ニュース

過去のニュース