0分32秒

フェイスブック、約200アプリの利用を一時停止

 世界最大の交流サイトアメリカの「フェイスブック」は、利用者の大量の個人データがイギリスのデータ会社に流出した問題を受けて調査した結果、他の事業者も個人データを不正に流用した疑いがあるとして、およそ200のアプリを一時利用停止にしました。

 この問題は、イギリスの研究者が2013年に開発したアプリをダウンロードしたフェイスブックの利用者と、そのフェイスブック上の友人、最大8700万人の個人データがデータ分析会社に不正に渡ったものです。フェイスブックは2014年には外部の事業者による利用者の個人データの収集を大幅に制限しましたが、それ以前に大量の個人データを入手できた数千の事業者を調査したところ、およそ200のアプリについて個人データを不正流用した疑いがあるとして、利用を一時停止したと発表しました。

 フェイスブックは、一時停止したアプリの名前などを明らかにしていませんが、不正があったと判明すれば、そのアプリ事業者に対してはフェイスブックの利用を禁止した上で、対象のユーザーにはウェブサイトを通じて不正利用を知らせる方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月22日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(火)の国際ニュース

5月21日(月)の国際ニュース

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

過去のニュース