日大アメフトの危険タックル、鈴木長官「容認できない」

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の選手の悪質な反則で関西学院の選手が大けがをした問題です。スポーツ庁の鈴木大地長官が、「危険なプレーで容認できない」と批判しました。

 パスを投げ、仲間のプレーを見守る青色のユニフォームを着た関西学院大の選手。その2秒後、突然、突進してきた日大の選手から、膝の辺りにタックルを受け倒れこみます。

 これは、今月6日、東京都内で行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の守備選手が関学のクォーターバックに悪質な反則をした瞬間の映像です。この反則で関学の選手は負傷退場し、足にしびれが出るなど、全治3週間の大けがをしました。

 14日、スポーツ庁の鈴木大地長官は、「危険なプレーを容認するわけにいかない」と批判しました。

 「衝撃的な映像で、非常に危険なタックル行為だと思いました。危険なプレーを容認するわけにはいきませんし、皆さんと共に、危険なプレーを減らしていかないといけない」(スポーツ庁 鈴木大地長官)

 この問題で、反則行為をした日大の関係者は、14日、JNNの取材に対し、「今回のプレーは、監督からの指示でやってしまったものだ」と証言しました。反則をした選手は、「監督に、責任は俺がとると言われていた」と、周囲に話していたということです。「監督の指示だった」とする証言は、他の関係者からも出ています。

 「どういう考えでああいうプレーに至ったかを探ることがまず必要。ああいうプレーに対しては、厳しい罰則があるべきだろう」(スポーツ庁 鈴木大地長官)

 反則をした選手は関東学生アメリカンフットボール連盟により、対外試合への出場を禁止されています。日大は、ホームページに、お詫びのコメントを載せていますが、取材に対し、監督の指示については「そういう事実は把握していない。何かお伝えできることもなく、対応を協議中です」とコメントしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月20日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月20日 18時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月20日(日)の社会ニュース

5月19日(土)の社会ニュース

5月18日(金)の社会ニュース

5月17日(木)の社会ニュース

5月16日(水)の社会ニュース

5月15日(火)の社会ニュース

5月14日(月)の社会ニュース

5月13日(日)の社会ニュース

過去のニュース