1分2秒

インドネシアの教会爆発、一家6人による自爆テロ

 インドネシア第2の都市スラバヤの3か所の教会で爆発が相次ぎ7人が死亡した事件で、犯行は一家6人による自爆テロだったことがわかりました。

 インドネシア・ジャワ島のスラバヤで13日早朝、3つの教会で日曜日のミサに集まる礼拝者を狙った自爆テロがあり、一連の爆発で巻き添えとなった7人が死亡し、40人以上が負傷しました。

 ロイター通信によりますと、警察は、一連の自爆テロを過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓う一家による自爆テロと断定。父と母、9歳から18歳までの子ども4人の一家6人による犯行で、家族6人は全員死亡したと発表しました。

 インドネシアでは先週、首都ジャカルタ郊外にある拘置所でイスラム過激派のメンバーを含む収容者が暴動を起こし、人質を取る事件があったばかりです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月20日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月20日 18時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

5月14日(月)の国際ニュース

5月13日(日)の国際ニュース

過去のニュース