1分12秒

NASA、火星でドローンの飛行実験

 NASA=アメリカ航空宇宙局は11日、火星でヘリコプター型の小型無人機ドローンを飛ばす実験を行うと発表しました。

 NASAは11日、2020年に打ち上げる予定の火星探査車にヘリコプター型の小型無人機ドローンを積み込む方針を明らかにしました。

 ドローンは2021年に火星に到着する予定で、到着次第、飛行実験が行われるということです。地球以外の惑星でドローンが飛ぶのは初めてとなります。

 火星は大気の密度が100分の1程度で、羽を回転させて機体を浮かせるのが難しいとされています。このため、ドローンの大きさはソフトボールほどにし、重さを2キロ弱にしてできるかぎり軽量化し、さらに翼を地球上の場合よりも10倍、早く回転させて飛ばすということです。

 ドローンは太陽電池で稼働し、地上探査車がたどり着けない場所などへ行き、調査範囲を拡大させることが期待されています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月20日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月20日 18時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月20日(日)の国際ニュース

5月19日(土)の国際ニュース

5月18日(金)の国際ニュース

5月17日(木)の国際ニュース

5月16日(水)の国際ニュース

5月15日(火)の国際ニュース

5月14日(月)の国際ニュース

5月13日(日)の国際ニュース

過去のニュース